はじめての人のためのスノボ入門

はじめての人のためのスノボ入門

ウィンタースポーツで人気を誇るスノボのやり方は?

華麗にジャンプしたい

読了までの目安時間:約 2分

1b315f01cfff202e59522129ae7201fd_s

スノボの醍醐味と言えばやはりジャンプでしょう。人によってはスキー場に行ってもリフトには乗らず、ジャンプばかりしているという方もいます。

ジャンプと通常のスノボの滑りは別物を思った方が良いでしょう。とはいえスノボの基本ができていないと、滑るよりも大事故に繋がりますから、せめて中級レベルになった方が始めるといいでしょう。

ジャンプというと、オリンピックやXゲームでもあるような高くジャンプしてトリックを決める、というイメージがあるでしょう。

ただ、これは超上級者にならないと無理です。最初からやろうとすると出来ないだけでなく大怪我に繋がりますので注意が必要です。

まずはジャンプに慣れる事から始めましょう。いきなりの大ジャンプは無理ですし、ジャンプ台を利用するもの止めましょう。

まずは一般のコースでちょっとした山やコブがあったら、そこに直滑降で進んでいき、ちょっとジャンプしてみましょう。ただ滑っていたら山を越えるだけになりますので、山の頂点の直前でジャンプが必要となります。そのタイミングが早すぎると高く飛べません。

また、ジャンプで大切なのは着地の際の重心です。基本は両足の中心に置く事です。上級になれば若干後ろ気味の方が良いですが、初心者は中心にと思っておきましょう。

まだ少し後ろに重心がなってしまう分には、尻もちをつく程度で済みますが、前のめりになるとノーズが刺さってしまうこともあり、大事故に繋がる事もあります。

また左右のバランスが乱れることでも転倒に繋がりますので、基本はまっすぐジャンプ台に向かい、そのまま飛びましょう。

 

この記事に関連する記事一覧