はじめての人のためのスノボ入門

はじめての人のためのスノボ入門

ウィンタースポーツで人気を誇るスノボのやり方は?

止まり方・転び方を学ぼう

読了までの目安時間:約 2分

aaaaaaaaaaaaaaaiiiii

スノボの基本として、滑りの上達以前にマスターしてほしいのが、止まり方・転び方です。「滑る前から止まり方・転び方って逆じゃない?」とか「転ばないように滑るのを練習すべきなのでは?」と思う方もいるでしょう。

ですが、止まり方もわからない状態で滑り始めるのは危険ですし、転ばないようにするのはまず初心者には無理です。

正しい止まり方、転び方をしないと怪我の元になってしまいますし、自分だけでなく他のスノーボーダー、スキーヤーにも迷惑がかかったりします。

まず、基本として転ぶ場合、止まる場合にも山側に身体が倒れるような意識を持ちましょう。谷側に倒れてしまうと怪我に繋がりますし、止まらないです。

滑っている最中、谷側に身体が向いている場合、おしりから雪面に倒れ込むようにします。その際、おへそを見るような形でしゃがみながら倒れましょう。

足を伸ばしたままだと衝撃が大きく怪我する事もあります。もし身体が山側を向いている状態であれば、前に倒れ込むようにします。柔道の前受け身のような要領で身体全体で倒れるようにすると、怪我が少ないでしょう。

倒れ方をマスターしておくと、うまく止まれない場合でも怪我しないように倒れて止まる事も出来ます。

また、初心者の方は特に思うようにスノボを扱えないでしょうから、身体全体を使って止まる、倒れる練習をしておかないと、大事故に繋がることもあります。

地味ではありますが、まずは滑る前に止まり方・転び方を学びましょう。

 

この記事に関連する記事一覧