はじめての人のためのスノボ入門

はじめての人のためのスノボ入門

ウィンタースポーツで人気を誇るスノボのやり方は?

中級者の滑り方

読了までの目安時間:約 2分

aaaaaaaaaaaolo

スノボ初心者の滑り方は、スノボをまっすぐにして、少し進んだら徐々にターンして止まる、そしてまた板をまっすぐにしてターンして止まるというやり方、もしくは木の葉落としで滑るというやり方です。

ただこれはどちらかというと滑っている、というよりも、下りているという表現が正しいかもしれません。

頂上から下りてくることはできますが、時間もかかりますし、楽しいという感覚ではまだないかもしれません。

他の人が見てもすぐに初心者だとわかられるレベルです。本当に滑っているという感覚を味わえるのが中級者になってからでしょう。

初心者の滑り方を完璧にマスターしたら、中級者の滑り方にもチャレンジしましょう。中級者の滑り方としては、カービングターンがあります。

初心者の場合まっすぐ滑ってターン、またまっすぐ滑ってターンという滑り方ですが、中級者のカービングターンとは、スキーでいうシュプールを描きながら滑る、つまり直滑降ではなく弧を描くように滑り降りてくるという方法になります。

ターンの要領で、少し角度を付けトゥエッジ(つま先)に重心をおきながら滑って行きます。逆向きもヒールエッジ(かかと)に重心をおきながら滑ります。

ターンから徐々に角度を付けていくといいでしょう。そして大切なのがトゥエッジとヒールエッジの切り替えです。基本姿勢を保っていないと出来ませんから、まずは安定させたままチャレンジしてみましょう。緩斜面で練習するといいかもしれません。

カービングターンはターンとエッジの切り替えができれば徐々にできるようになります。まずはどの角度で滑るのか、どの辺でエッジの切り替えをするのか、滑る前に確認しておくといいでしょう。

 

この記事に関連する記事一覧